立宗会
 立宗会とは、末法の御本仏日蓮大聖人が、宗旨を建立し、立宗を宣言あそばされた建長5年(1253年)4月28日を記念してご報恩申し上げる法要です。
  建長5年4月28日未明、御年32才の大聖人は、ひとり清澄山上旭ヶ森に立ち、遠く太平洋の彼方にさし昇る日の出を待たれました。やがて水平線上にその姿があらわれると起立合掌されていた大聖人の口から「南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)、南無妙法蓮華経」と、末法万年の闇を照す下種の題目が、おごそかに熱誠をこめて力強く唱え始められました。大聖人は、ご自身の胸中にそなわった題目をもって、太陽をはじめ全宇宙の生命に厳かな開宗の宣言を送られたのです。この題目こそ今まで誰人も唱え出すことのなかった自行化他にわたる題目なのです。
  毎年4月28日に執行される立宗会は、宗祖日蓮大聖人の大慈悲に対し奉りご報恩申し上げる儀式であります。

戻る