御書講(平成十九年一月)
文永九年五月二日  五十一歳
四条金吾殿御返事(一)

 天台・伝教等は迹門の理の一念三千の法門を弘め給ふすら、なお怨嫉(おんしつ)の難にあひ給ひぬ。日本にして伝教より義真・円澄・慈覚等相伝して弘め給ふ。第十八代の座主( ざ す )は慈慧( じ え )大師なり、御弟子あまたり。其の中に檀那・慧心・僧賀・禅瑜(ぜん ゆ )等と申して四人まします。法門又二に分かれたり。檀那僧正(だん な そうじょう)は教を伝ふ。慧心僧都( え しんそう ず )は観をまなぶ。されば教と観とは日月のごとし。教はあさく、観はふかし。されば檀那の法門はひろくしてあさし、慧心の法門はせば(狭)くしてふか(深)し。今日蓮が弘通する法門はせば(狭)きやう(様)なれどもはなはだふか(深)し。其の故は彼の天台伝教等の所弘(しょ ぐ )の法よりは一重立ち入りたる故なり。本門寿量品の三大事とは是なり。南無妙法蓮華経の七字ばかりを修行すればせばきが如し。されども三世の諸仏の師範、十方薩 (さっ た )の導師、一切衆生皆成仏道の指南にてましますなればふかきなり。(新編五九七頁)

(通釈)
 日蓮が種々の大難に値う事について御たずね下され、今にはじめぬ御志ありがたく存じます。
  法華経の行者として、このような大難に値うのを日蓮は少しも悔しくは思わない。過去世に如何ほど生死をくり返したとしても、これ程の尊い果報の生死を受けた事はありませんでした。
  また今までは地獄、餓鬼、畜生、修羅等の三悪道、四悪趣に堕して苦しんだが、今度は生死の絆を断ち切って仏果菩提を果たすものであるから、まことに悦ばしく思います。
  天台大師、伝教大師等は法華経迹門の理の一念三千の法門を弘められるに於いてさえ、諸宗の人々から怨嫉の難に値われました。日本国における法華経の弘通は伝教大師より義真、円澄、慈覚等順次に相伝を弘めて第十八代の座主が慈慧大師である。慈慧大師には多々弟子があったが、その中に檀那、慧心、僧賀、禅瑜の四人があって、法門も又二つに分かれ、教相と観心の二流に分かれていった。檀那僧正は教相を伝え、慧心僧都は観心を学んだのである。それ故に教と観は日月の如くである。教は浅く観は深い。それが故に檀那僧正の法門は広くて浅い。慧心僧都はせまくて深い。
  今日蓮が弘通する法門はせまきようなれどもはなはだ深いのである。その故は天台大師伝教大師の弘められた法門より一重立ち入りたる故なり。法華経本門寿量品の三大事とはこれである。
南無妙法蓮華経の七字ばかりを修行すれば狭いようである。しかし、三世の諸仏の御師、十方の菩薩の導師であり、一切衆生成仏得道の指南であればまことに深い法門なのである。

戻る