御書講(平成十九年八月)
文永十一年六月十六日  五十三歳
国府尼御前御書(一)

 阿仏御房の尼ごぜんよりぜに三百文。同心なれば此の文を二人して人によませてきこしめせ。
 単衣一領、佐渡国より甲斐国波木井の郷の内の深山まで送り給び候ひ了んぬ。法華経第四法師品に云はく「人有って仏道を求めて一劫の中に於て合掌して我が前に在って無数の偈を以て讃めん。是の讃仏に由るが故に無量の功徳を得ん。持経者を歎美せんは其の福復彼に過ぎん」等云云。文の心は、釈尊ほどの仏を三業相応して一中劫が間ねんごろに供養し奉るよりも、末代悪世の世に法華経の行者を供養せん功徳はすぐれたりととかれて候。まことしからぬ事にては候へども、仏の金言にて候へば疑ふべきにあらず。其の上妙楽大師と申す人、此の経文を重ねてやわらげて云はく「若し毀謗せん者は頭七分に破れ、若し供養せん者は福十号に過ぎん」等云云。釈の心は、末代の法華経の行者を供養するは、十号具足しまします如来を供養したてまつるにも其の功徳すぎたり。又濁世に法華経の行者のあらんを留難をなさん人々は頭七分にわるべしと云云。
 夫日蓮は日本第一のゑせ者なり。其の故は天神七代はさてをきぬ。地神五代又はかりがたし。人王始まりて神武より当今まで九十代、欽明より七百余年が間、世間につけ仏法によせても日蓮ほどあまねく人にあだまれたる者候はず。守屋が寺塔をやきし、清盛入道が東大寺・興福寺を失ひし、彼等が一類は彼がにくまず。将門貞たうが朝敵となりし、伝教大師の七寺にあだまれし、彼等もいまだ日本一州の比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷の四衆にはにくまれず。日蓮は父母・兄弟・師匠・同法・上一人・下万民一人ももれず、父母のかたきのごとく、謀反強盗にもすぐれて、人ごとにあだをなすなり。(新編七二〇頁)


(通釈)
 阿仏房の尼御前より銭三百文の御供養を頂戴した。有難い事である。同心同行の御方であるから、此の消息文をば二人して人にも読ませて聞かれるようになさい。
  単衣一領、佐渡の国より甲斐の国の波木井の郷の深山までお送り頂き誠にかたじけない。法華経の第四の巻法師品に、仏道を求めて修行する人が一劫の長い間合掌して、我が前に立って無数の仏を賛嘆する、是の功徳は無量であり、限りがないが、法華経の持経者、末法の法華経の行者を信じ賛嘆する福徳は復仏よりも多大なのであると説かれている。此の経文の意味は釈尊等の仏を信じ、口に唱え、身にも相応して一中劫が間、丁重に供養する功徳よりも末代悪世の法華経の行者を供養する功徳の方がはるかに勝れていると説かれているのである。真実とは考えられない事のようであるが、仏の金言であるから疑いの無い事である。その上、妙楽大師と言う人は、此の経文を重ねて解釈して、若し此の法華経を毀る者は頭が七分に破れ、もし供養する者は仏を供養した者よりも勝れていると釈している。此の妙楽大師の解釈の心は末代の法華経の行者を供養する人は仏の十号を具足した仏を供養する功徳よりも勝れている。また末法の濁悪世に法華経の行者に怨をなし、留難を与える人には頭が七つに破れると言われている。
  それ日蓮は日本第一の悪まれ者である。その故は天神七代の事はさておいて、地神五代の事もまた太古の故にはかり知ることが出来ない。人王が始まって神武天皇から当代後宇多天皇まで九十代、欽明天皇の御代に仏教が日本に渡来して七百余年の間に世間の国家社会の事について、また仏教の事に関しても日蓮ほど多くの人々に悪まれた人はいないのである。彼の物部守屋が仏教を排斥して寺を焼いたり、平家の平清盛が奈良の東大寺、興福寺を亡失したりしても、その仲間の者は彼等を憎みはしなかった。平将門や安倍貞任等が乱を起こして朝廷に背いた時も、伝教大師が奈良の七大寺の僧侶に憎まれた事があったが、それでも日本全体の僧や尼や男女の信徒にまで憎まれる事はなかった。しかるに日蓮は父母兄弟、師匠同胞は勿論のこと、上一人から下万人に至るまで一人ももれず父母の敵のように思われ、謀反人や強盗にも増して怨まれ悪まれているのである。

戻る