御書講(平成十九年十月)
文永十二年一月二十七日  五十四歳
四条金吾殿女房御返事(一)

 所詮(しょせん)日本国の一切衆生の目をぬき神(たましい)をまど(惑)はかす邪法は真言師にはすぎず。是は且(しばら)く之を置く。十喩(じゅうゆ)は一切経と法華経との勝劣を説かせ給ふと見えたれども、仏の御心はさには候はず。一切経の行者と法華経の行者とをならべて、法華経の行者は日月等のごとし、諸経の行者は衆星灯炬(しゅしょうとうこ)のごとしと申す事を詮(せん)と思(おぼ)しめされて候。なにをもってこれをしるとならば、第八の譬(たと)への下に一つの最大事の文あり。所謂(いわゆる)此の経文に云はく「能く是の経典を受持すること有らん者も亦復是(またまたか)くの如し。一切衆生の中に於て亦為(またこ)れ第一なり」等云云。此の二十二字は一経第一の肝心(かんじん)なり、一切衆生の目なり。文の心は法華経の行者は日月・大梵王(だいぼんのう)・仏のごとし、大日経の行者は衆星・江(こう)河(が)・凡夫のごとしとと(説)かれて候経文なり。されば此の世の中の男女僧尼は嫌ふべからず、法華経を持(たも)たせ給ふ人は一切衆生のしう(主)とこそ仏は御らん(覧)候らめ、梵王・帝釈はあを(仰)がせ給ふらめとうれしさ申すばかりなし。又この経文を昼夜に案じ朝夕によみ候ヘば、常の法華経の行者にては候はぬにはん(侍)ベり。「是経典者(ぜきょうてんしゃ)」とて者(しゃ)の文字はひと(人)とよみ(訓)候ヘば、此の世の中の比丘・比丘尼・うば(優婆)塞・うばい( 優 婆夷)の中に、法華経を信じまいらせ候人々かとみ(見)まいらせ候ヘば、さにては候はず、次下(つぎしも)の経文に、此の者(しゃ)の文字を仏かさね(重)てと(説)かせ給ひて候には「若有女人(にゃくうにょにん)」ととかれて候。日蓮法華経より外の一切経をみ(見)候には、女人とはなりたくも候はず、或経には女人をば地獄の使ひと定められ、或経には大蛇ととかれ、或経にはまが(曲)れ木のごとし、或経には仏の種をい(焦)れる者とこそと(説)かれて候へ(新編756頁)

(通釈)
 日本国の一切衆生の眼をくらまし、また人のたましいを惑わす邪法は真言の開祖、宗祖達に過ぎた人師はいない。しかし是の事はしばらく置く。法華経の薬王品に説かれる十喩は法華経と一切経との勝劣を説かれたように見えるけれども、実は仏の御心はそうではない。一切経の行者と法華経の行者とを並べて、法華経の行者は日月等の如く、諸経の行者は衆星燈炬の如しと言う事を所詮と思し召されたのである。何を以ってこれを知るかと言えば、それは第八の譬えの下に最も大事な御文がある。いわゆる薬王品に、能く是の経典を受持すること有らん者も、亦復是くの如く一切衆生の中に於いて亦これ第一なり等云々。此の二十二字は法華一経第一の肝心である。一切衆生の眼目である。文の心は法華経の行者は日月、大梵天王、仏の如く勝れ、大日経の行者は衆星、江河、凡夫の如くと説かれた経文である。それ故にいやしくも法華経を持つ人は世間の男女僧尼を問わず一切衆生は主とこそ仏は御覧になっておられる。梵天や帝釈は同様に同様に仰せたもうと、うれしさは限りがない。法悦の極みである。また此の経文を昼夜に念じ朝夕に読み奉れば普通の法華経の行者ではない。法華経の是の経文を持つ者とある「者」の字は人と読むから、此の世の中の比丘比丘尼俗男俗女の中に法華経を信ずる人々のことと思っていたが、そうではなく次下の経文に此の者の文字を仏は重ねてお説きになって「若し女人有って」と説かれている。日蓮は法華経以外の一切経を読んだ時には女人には生まれたくないと思っていた。ある経には女人は地獄の使いと定め、ある経には大蛇の如しと説かれ、ある経には曲がれる木の如しと説かれ、また或る経には成仏の種を焦れる者と説かれている。

戻る