妙光寺通信(三種の手紙)

基本的に毎月1回、広布唱題会にて発行しております。

法華講員の皆様へ
平成20年 6月 1日 1−40 毎日の讃教の務め
平成20年 5月 4日 1−39 法華最第一
平成20年 4月 6日 1−38 御本仏の出現
平成20年 2月 3日 1−37 御本尊を顕された仏は日蓮大聖人
平成19年12月 2日 1−36 煩悩・業・苦からの開放
平成19年11月 4日 1−35 福田に良き種をまこう
平成19年10月 7日 1−34 退転の恐ろしさを知れ
平成19年 9月 2日 1−33 利生を心みよ
平成19年 8月 1日 1−32 所願成就の道
平成19年 7月 1日 1−31 仏法上の一切の功徳と極理の源泉
平成19年 6月 3日 1−30 世間の人の俗説に惑わされること勿れ
平成19年 5月 6日 1−29 勝妙の功徳
平成19年 4月 1日 1−28 諸天善神の加護
平成19年 1月 4日 1−27 折伏の実践こそ大事
平成18年12月 3日 1−26 謗法不信者の失うもの
平成18年11月 5日 1−25 七五三参詣
平成18年10月 1日 1−24 六根清浄
平成18年 9月 3日 1−23 支部総登山のよろこび
平成18年 6月 4日 1−22 師子王の気概と心の改革
平成18年 5月 7日 1−21 臨終の妙相
平成18年 4月 2日 1−20 生命の活力と蘇生の力
平成18年 3月 5日 1−19 一閻浮提第一の御本尊
平成18年 2月 5日 1−18 信心の血脈
平成17年12月 4日 1−17 四恩を報ずる道-2
平成17年11月 6日 1−16 四恩を報ずる道-1
平成17年10月 2日 1−15 大善を持ち修する事の大切さ
平成17年 9月 5日 1−14 諸天善神の加護
平成17年 7月 3日 1−13 三世の諸仏が歓喜されること
平成17年 6月 5日 1−12 本尊は勝れたるを用ふべし
平成17年 5月 3日 1−11 立正の二字
平成17年 4月 3日 1−10 正しい信仰を捨てる不幸について
平成17年 3月 6日 1−9 受持の功徳
平成17年 2月 6日 1−8 三宝の恩
平成17年 1月 2日 1−7 尊敬すべき三つの宝
平成16年11月 7日 1−6 六根清浄の功徳
平成16年10月 3日
1−5
主師親の三徳を兼ねそなえた仏
平成16年 9月 5日
1−4
正しい教えを知るために
平成16年 8月 1日
1−3
寺院参詣の功徳
平成16年 7月 4日
1−2
御本尊の功徳について
平成16年 6月 6日
1−1
功徳の種を植えつけましょう

創価学会員の皆様へ
平成26年11月16日 2−41 ついに創価学会が大御本尊と決別
「創価学会会則 教義条項」変更を発表
平成20年 5月 4日 2−40 創価学会会長のカリスマ性
平成20年 4月 6日 2−39 SGIの御書見直し論
平成19年12月 2日 2−37 創価学会の「会則」改変について
平成19年11月 4日 2−36 聖教新聞の啓蒙
平成19年10月 7日 2−35 池田創価学会の海外布教妨害
平成19年 9月 2日 2−34 僧侶をそそのかした創価学会と魂を売った僧侶
平成19年 8月 1日 2−33 池田の通訳者たち
平成19年 7月 1日 2−32 創価学会の標榜する平和主義
平成19年 6月 3日 2−31 創価学会は宗門の発展に多大な貢献をしてきた
平成19年 5月 6日 2−30 創価学会に広布を論ずる資格なし
平成19年 4月 1日 2−29 公明党の政界進出
平成19年 1月 4日 2−28 父を食らい母をかめる創価学会員達
平成18年12月 3日 2−27 大聖人直結論と創価学会の大謗法
平成18年11月 5日 2−26 戸田城聖会長の憂い
平成18年10月 1日 2−25 創価学会の懈怠勤行について
平成18年 9月 3日 2−24 邪法邪師の邪義と化した創価学会
平成18年 8月 6日 2−23 創価学会の御都合主義報道
平成18年 6月 4日 2−22 約束を守らない創価学会
平成18年 5月 7日 2−21 表の顔と裏の顔
平成18年 4月 2日 2−20 宗門と創価学会の仲直りはあるか
平成18年 3月 5日 2−19 ローマ法皇に会いたがった池田
平成18年 2月 5日 2−18 今日の創価学会は学仏法の外道
平成17年12月 4日 2−17 創価学会は民衆のためにならない
平成17年11月 6日 2−16 根源の師のもとに帰れ
平成17年10月 2日 2−15 僧宝を日興上人御一人と称する大謗法
平成17年 9月 5日 2−14 なぜ池田名誉会長に現罰がないのか
平成17年 7月 3日 2−13 日顕宗などと言う宗旨は実在しません
平成17年 6月 5日 2−12 洗脳の世界
平成17年 5月 3日 2−11 初心忘るべからず
平成17年 4月 3日 2−10 不正直な創価学会
平成17年 3月 6日 2−9 三毒に汚れた学会員
平成17年 2月 6日 2−8 三原則のすべてに背反した創価学会
平成17年 1月 2日 2−7 真の広宣流布とは
平成16年11月 7日 2−6 正直に仏の教導に従え
平成16年10月 3日
2−5
『安直な勤行の改変』を恥じよ
平成16年 9月 5日
2−4
創価学会に独自の教義がありません
平成16年 8月 1日
2−3
唯授一人の血脈を否定する創価学会のあやまり
平成16年 7月 4日
2−2
大聖人直結論の誤り
平成16年 6月 6日
2−1
ニセ本尊配布の大謗法

正しい宗教に関心をお持ちの皆様へ
平成20年 5月 4日 3−39 大王の膳
平成20年 4月 6日 3−38 撰時抄の撰の一字
平成20年 2月 3日 3−37 仏の金言(経教)に随うべし
平成19年11月 4日 3−36 天睛地明の尊さについて
平成19年10月 7日 3−35 懈怠の心を破るには
平成19年 9月 2日 3−34 良薬変じて毒薬となる恐ろしさ
平成19年 8月 1日 3−33 邪法邪師の邪義を捨てて正法に帰せよ
平成19年 7月 1日 3−32 現世安穏後生善処の功徳
平成19年 6月 3日 3−31 一切衆生の尊敬すべき者
平成19年 5月 6日 3−30 与同罪について
平成19年 4月 1日 3−29 正法を信ずる事の出来ない不幸
平成19年 1月 4日 3−28 大聖人の大慈大悲
平成18年12月 3日 3−27 驥尾に附す
平成18年11月 5日 3−26 元朝の祈りについて
平成18年10月 1日 3−25 最高、最善の供養
平成18年 9月 3日 3−24 正しい信仰は幸福の源泉
平成18年 8月 6日 3−23 世界一尊い御本尊
平成18年 6月 4日 3−22 フランス国家公務員の信条
平成18年 5月 7日 3−21 女人成仏と悪人の成仏
平成18年 4月 2日 3−20 真実の彼岸
平成18年 3月 5日 3−19 最大の良薬
平成18年 2月 5日 3−18 謗法不信の人は仏種を断絶
平成17年12月 4日 3−17 身心を磨く
平成17年11月 6日 3−16 正食の人と麁食の人
平成17年10月 2日 3−15 具体的な幸福の実現
平成17年 9月 5日 3−14 天英院殿について
平成17年 7月 3日 3−12 敬台院殿のこと
平成17年 6月 5日 3−11 真実の御本尊の尊さ
平成17年 3月 6日 3−9 四箇の格言
平成16年11月 7日 3−6 信を以て慧に代ふ
平成16年10月 3日
3−5
信を以って入(い)ることを得たり
平成16年 9月 5日
3−4
時にかなった正法を
平成16年 8月 1日
3−3
戒を守ることの大切さ
平成16年 7月 4日
3−2
旧仏教では人を救えないのです
平成16年 6月 6日
3−1
心の願いを成就するために