妙光寺通信 創価学会員の皆様へ (2−33)

「池田の通訳者たち」

 かつて池田大作が数年前に、ロサンゼルスのNSAのメンバーに対して講演指導した時のビデオテープを、アメリカの信徒から送ってもらい見た事がある。
  此の講演中の池田の傍若無人の振る舞いと、クリントン大統領への誹謗など、全く無礼な内容を含んでいた。
  しかし女性の通訳者は、池田の暴言の部分を悉くはぶき、苦労しながら池田の言葉を修飾して、見事に通訳していた。
  従前ヨーロッパのイタリアの出張御授戒に行った時に、イタリアのK理事長から池田が外国の要人と会見する時には、とにかくメンバーの中で第一級の通訳者を用意する。そうしてその通訳者に相手の人間像や業績の勉強をさせ、著書を読ませ、池田がどんなに博識の持ち主か、池田は相手の事を何でも知っているぞと思わせる為に、池田の言葉として通訳者が吹きまくると言うのだ。
  池田が話している事が全く別の事で、相手に対して失礼極まりない事であっても、通訳者が上手に取り繕っているのであるとの事であった。これでは池田の対談も池田と要人の対談ではなく、池田の通訳者と要人が会見しているに等しい。
  NSAの通訳者達は池田の名声を上げる為に必死なのである。     
  池田の名誉市民や名誉博士の称号を受ける裏に、こうした通訳者やゴーストライターや翻訳者たちの努力が隠されているのである。
  創価学会員はもっと、池田のカリスマの絡繰りを知るべきである。


戻る