日蓮大聖人 御一代記

御誕生

  大聖人は貞応(じょうおう)元年1222年2月16日正午、貴名次郎重忠を父、梅菊女(うめぎくにょ)を母として、日本安房国小湊(こみなと)に誕生された。誕生の時には、地から清水が涌きでて青蓮華が開いたという。幼名を善日麿(ぜんにちまろ)と名付けられた。

[一覧]     [次→]