御付嘱


   大聖人は九箇年の身延滞在の後、御入滅の近いことを了知され、白蓮阿聞梨日興上人に御相承せられた.日興上人に、三大秘法を口授し、戒壇の大御本尊の法宝を授与せられ、一期弘法抄を授与せられた.弘安五年(1282年)十月十三日武州池上にて御歳六十一歳で御入滅された。

[←前]     [一覧]     [次→]