少年少女版 日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん) 「御一生記」(ごいっしょうき)

御 誕 生 おたんじょう) (1222年/貞応元年じょうおうがんねん)

 二月十六日 安房あわ)くに)現在げんざい)千葉県ちばけん)小湊こみなと)というまずしい漁村ぎょそん)でくらす漁師りょうし)いえ)元気げんき)おとこ)))まれました。
  まずしいなかにもおおくの村人むらびと)たちが、祝福しゅくふく)をしにきてくれました。おとう)さんもおかあ)さんもとてもしあわ)せでした。
  不思議ふしぎ)なことに、この))まれる数日前すうじつまえ)から大地だいち)から清水しみず))きだし季節きせつ)はずれの木々きぎ)にもはな))き、うみ)なか)でははす)はな)がさきみだれていました。
  自然界しぜんかい)いのち)あるものたちが、みんなで「おめでとうございます。」と)っておいわ)いに)ているようでした。
  そんな不思議ふしぎ)なこうけいを)にした村人むらびと)たちは口々くちぐち)に「この)はきっと立派りっぱ)ひと)になるじゃろう」とうわさをしていました。
  まさか全世界ぜんせかい)ひと)たちをすく)うためにあらわ)れた仏様ほとけさま)だとはだれ)ひとり)るよしもありませんでした。
  そして両親りょうしん)はこの)善日麿ぜんにちまろ)となづけました。

[←前]     [一覧]     [次→]