少年少女版 日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん) 「御一生記」(ごいっしょうき)

清澄寺せいちょうじ)まな)ぶ(1233ねん)12さい)/天福元年てんぷくがんねん)

 善日麿(ぜんにちまろ)が十二(さい)になったころ両親(りょうしん)のすすめで小湊(こみなと)裏山(うらやま)のいただきにある清澄寺(せいちょうじ)にのぼり、道善房(どうぜんぼう)のお弟子(でし)になりました。
 そして師匠(ししょう)のもとで兄弟子(あにでし)浄顕房(じょうけんぼう)義浄房(ぎしょうぼう)(きび)しい学習(がくしゅう)にも熱意(せいい)をもって(こた)えました。(かわ)いた(すな)(みず)をすいこむように(すべ)ての知識(ちしき)(いのち)にきざみ浸透(しんとう)させて()きました。
 大聖人様 (だいしょうにん)はこの二人(ふたり)(おん)(のち)までも(わす)れませんでした。またお二人(ふたり)生涯(しょうがい)大聖人様(だいしょうにんさま)()くなるまでお(そば)にお(つか)えして()くされました。
 そして 仏法(ぶっぽう)(まな)べば(まな)ぶほど、()(なか)(くる)しむ(ひと)たちを(すく)ってあげたいとの(おも)いが、とめどなく()()がって()るのを(かん)じていました。

[←前]     [一覧]     [次→]