少年少女版 日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん) 「御一生記」(ごいっしょうき)

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)への(いの)り(1237(ねん)16(さい) /嘉禎三年(かていさんねん)

 善日麿(ぜんにちまろ)が十六(さい)になったころ、道善房(どうぜんぼう)師匠(ししょう)とあおぎ出家得道(しゅっけとくどう)しました。そして道号(どうごう)是聖房(ぜしょうぼう)蓮長(れんちょう)名付(なず)けられました。十七(さい)のころには清澄寺(せいちょうじ)にあるすべての書物(しょもつ)読破(どくは)してしまいました。その意欲(いよく)(とど)まるところを()りませんでした。もっともっと真実(しんじつ)()りたいと(おも)うようになって()きました。
 そんな(おも)いでいる(とき)虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)(ゆめ)(なか)(あらわ)れ、蓮長(れんちょう)大宝珠(だいほうじゅ)大智慧(だいちえ)(さず)かるという不思議(ふしぎ)(ゆめ)をみました。そして大聖人様(だいしょうにんさま)は『日本第一(にほんだいいち)智者(ちしゃ)となし(たま)え』と虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)(ちか)いを()て、諸国(しょこう)(まわ)りもっと(ふか)真実(しんじつ)仏法(ぶっぽう)極理(ごくり)勉強(べんきょう)したいと(ねが)うようになっていました。

[←前]     [一覧]     [次→]