少年少女版 日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん) 「御一生記」(ごいっしょうき)

立宗宣言(りっしゅうせんげん)(1253(ねん)32(さい)/建長五年(けんちょうごねん)

 三十二歳(さんじゅうにさい)になった大聖人様(だいしょうにんさま)安房(あわ)(くに)にもどり、四月(しがつ)二十八日(にじゅうはちにち)()(がた)清澄山(せいちょうざん)(かさ)(もり)(いただ)きから、法華経(ほけきょう)の「南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)」の(おし)えこそが一切経(いっさいきょう)根本(こんぽん)(ほう)であると、金色(こんじき)(ひか)(かがや)朝日(あさひ)(のぼ)(ひがし)()かって「南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)」と三遍(さんべん)のお題目(だいもく)(とな)えました。
  全世界(ぜんせかい)(ひと)たちが(ただ)しい仏法(ぶっぽう)帰依(きえ)し、過去世(かこせ)のすべての罪障(ざいしょう)消滅(しょうめつ)幸福(こうふく)になって()しいと(いの)りました。
  そして大聖人様(だいしょうにんさま)はこの(とき)(さかい)に、三災(さんさい)七難(しちなん)苦難(くなん)()()こることを承知(しょうち)のうえで、法華経(ほけきょう)のお題目(だいもく)流布(るふ)して()くことを(ちか)いました。
  「立宗宣言(りっしゅうせんげん)」の第一声(だいいっせい)をけいきに、「蓮長(れんちょう)」をあらため「日蓮(にちれん)」とお名乗(なの)りになりました。

[←前]     [一覧]     [次→]