少年少女版 日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん) 「御一生記」(ごいっしょうき)

境内(けいだい)説法(せっぽう)(1253(ねん)32(さい)/建長五年(けんちょうごねん)
清澄寺(せいちょうじ)(もど)師匠(ししょう)両親(りょうしん)妙法(みょうほう)への帰依(きえ)(すす)める

 「立宗宣言(りっしゅうせんげん)」をされた(あし)清澄寺(せいちょうじ)(もど)り、師匠(ししょう)道善房(どうぜんぼう)兄弟子(あにでし)たちをはじめ(まわ)りにいた(ひと)たちの(まえ)で、念仏宗(ねんぶつしゅう)禅宗(ぜんしゅう)間違(まちが)った(おし)えを(きび)しく追及(ついきゅう)しました。「西方十万億土(さいほうじゅうまんおくど)という架空(かくう)浄土(じょうど)()念仏(ねんぶつ)(とな)えて()んだ(あと)往生成仏(じゅうおうじょうぶつ)出来(でき)るなどと民衆(みんしゅう)(まよ)わす信仰(しんこう)邪道(じゃどう)である。成仏(じょうぶつ)は、この()(なか)にあるものだ!」と(いま)までの(おし)えを完全(かんぜん)否定(ひてい)をし、(しあわ)せは()きている現実(げんじつ)(もと)めるものだと(おし)えました。そして「南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)」の法華経(ほけきょう)信仰(しんこう)につくことが、唯一(ゆいいつ)自分(じぶん)(いのち)(みが)(しあわ)せになる(みち)だと()きました。
  しかし(すべ)ての(ひと)たちは念仏(ねんぶつ)(ぜん)(おし)えを(しん)じきっているので、たちまち大聖人様(だいしょうにんさま)言葉(ことば)(おどろ)き、(いか)り、敵対(てきたい)するようになりました。
  師匠(ししょう)道善房(どうぜんぼう)地頭(じとう)たちの権力(けんりょく)(おそ)れて、ただ()(だま)るしかありませんでした。
  そして安房(あわ)(くに)地頭(じとう)東条景信(とうじょうかげのぶ)烈火(れっか)のごとく(いか)り、大聖人様(だいしょうにんさま)危害(きがい)(くわ)えようとしましたが、兄弟子(あにでし)たちのお(かげ)無事(ぶじ)(なん)(のが)れることができました。
  (みずか)らの()危険(きけん)()りながら、その(あし)両親(りょうしん)(ところ)()きました。(なが)遊学(ゆうがく)からもどったあいさつと「法華経(ほけきょう)こそ第一(だいいち)(おし)えだ」と帰依(きえ)することを(すす)めました。お(とう)さんもお(かあ)さんも立派(りっぱ)になった姿(すがた)をみて(よろこ)び、大聖人様(だいしょうにんさま)(しん)入信(にゅうしん)をされました。

[←前]     [一覧]     [次→]